タイピング基礎知識


このサイトでは、一般的な「ローマ字」入力について話を進めます。

ローマ字入力とは、日本語で「こんにちわ」と打ちたい場合、ローマ字で「KONNNITIWA」とキーを打つ方式です。

他の入力方式として「かな入力」もありますが、現在ではあまり使われていません。

ローマ字入力は文字通り否が応でもローマ字でキーを打つことになるため、ゆくゆく英文を打ったり、プログラミングなどに活かすことができます。

これからタイピングを始める方には、「ローマ字入力」をおすすめします。

タイピングの上達には、実際にキーを打っての練習が必要です。

しかしながら基本的なルールが分からないまま練習しても、なかなか上達しません。

まずは、指とキーの関係、ホームポジションから確認していきましょう。




指とキーの関係

キーボードには沢山キーが配置されていて何から手を着けてよいか戸惑ってしまいますよね。

実は、各指は、押すべきキーが決まっています。

下の画像をご覧ください。



キーの色と一致する色の指がそのキーを押す指です。
※その他、色の付いていないキーは主に小指で押します。スペースキーのみ親指で押します。

この、指とキーの関係は暗記する必要はありません。

練習するうちに体が覚えてしまうからです。



ホームポジション

ホームポジションとは、キーボードに対する各指の定位置です。

このホームポジションを起点に様々なキーを入力していくことになります。

ホームポジションは非常に重要ですので、これだけはどうしても覚える必要があります。

下の画像をご覧ください。



このように左手人差し指から「FDSA」、右手人差し指から「JKL;」に軽く置いた状態がホームポジションです。

人差し指の「F]「J」キーには目印となる、「突起(ポッチ)」があります。

この「突起(ポッチ)」を人差し指で感じとり手元を見なくてもホームポジションをとれるようになりましょう。

実際にキーを入力していくとホームポジションから指が外れますが、直ぐホームポジションに戻ってください。

ホームポジションを起点に様々なキーを入力していくことになるからです。

「ホームポジション」の練習へ


「あいうえお」からの練習

ホームポジションを理解したら「あいうえお」の入力からはじめましょう。

「あいうえお」の入力がスムーズにできるようになると、その他の文字の入力が楽になります。

「あいうえお」はローマ字で「AIUEO」と入力します。

「かきくけこ」なら「KA KI KU KE KO」と入力します。

「さしすせそ」なら「SA SI SU SE SO」と入力します。

「かきくけこ」「さしすせそ」共に「A,I,U,E,O」が含まれていますね。

この「A=あ」「I=い」「U=う」「E=え」「O=お」は母音といいます。

例えば「か行」は「K」という子音を持っています。ですから「か行」は「K」という子音と後に続く母音(A,I,U,E,O)の組み合わせで打つことができます。

「さ行」であれば「S」という子音と後に続く母音の組み合わせといったように、ほとんどの「かな文字」は子音と母音の組み合わせで打つことができます。

ただし、「ん」等いくつか例外があるので注意です。

以下の表をご覧ください。

あ行
(母音)

A

I

U

E

O
か行
(子音K)

KA

KI

KU

KE

KO
さ行
(子音S)

SA

SI

SU

SE

SO
た行
(子音T)

TA

TI

TU

TE

TO
な行
(子音N)

NA

NI

NU

NE

NO
は行
(子音H)

HA

HI

HU

HE

HO
ま行
(子音M)

MA

MI

MU

ME

MO
や行
(子音Y)

YA

YU

YO
ら行
(子音R)

RA

RI

RU

RE

RO
わ行
(子音W)

WA

WO

※この表に記載がない行でも、例えば「が」行は子音G、「ぱ」行は子音Pというように子音を変えるだけで入力できます。

「あいうえお」のタイピングへ


「ん」の入力

「ん」は母音がないので、上のルールでは入力できません。

「ん」は、「N]を2個続けて「NN」と打ちます。

別の入力方法として、「ん」の後の文字が母音でなくかつ「な行」でない場合「N」を1回に省略できます。

例えば「こんばんわ」は「KONNBANNWA」と入力しますが、「KONBANWA」でも入力できます。

「こんにちは」の場合は、「ん」の後の文字が「な行(に)」なので「KONNNITIWA」というように「ん」に対して「N」を2回打つ必要があります。

慣れるまでは、単純に「ん」は、「N]を2個続けて「NN」と打つのが良いと思います。

「わをん」のタイピングへ


拗音(ゃゅょ等)の入力

拗音とは、「ちゃ」「しゅ」「ちょ」などに現れる小さい「ゃゅょ」などの事です。

この小さい文字「ゃゅょ」などの入力には少し慣れが必要です。

小さい文字を単体で打つには最初に「L」を打ち続けて目的の文字を打ちます。

例えば「ゃ」と打ちたい場合は「LYA」と打ちます。

この最初に付ける「L」は「リトル=小さい」と覚えると良いと思います。

「LYA」は「小さい「や」」といった感じです。

しかし、小さい文字を単体で打つと手間がかかってしまうため、通常はまとめて打ちます。

例えば「ちゃ」と入力する場合「TILYA」でも入力出来ますが、「TYA」でも入力できます。

まとめ打ちの練習メニューがありますので、試してみてください。

「拗音(ゃゅょなど)」のタイピングへ


促音(っ)の入力

促音とは、「きって」「さっか」などに現れる小さい「っ」の事です。

この小さい「っ」の入力も拗音と同様に「L」を「TU(つ)」の前に打つことで入力できます。

「っ」と打ちたい場合は「LTU」と打ちます。

促音も単体で打つと手間がかかってしまうため、通常はまとめて打ちます。

例えば「きって」は「KILTUTE」でも入力できますが、「KITTE」でも入力できます。

ポイントは「って」の部分です。「TTE」と子音を2回打った後に母音を打つと「て」の前に「っ」が付いてきます。

「っこ」なら「KKO」、「っそ」なら「SSO」といった具合です。

まとめ打ちの練習メニューがありますので試してみてください。

「促音(っ)」のタイピングへ


まとめ

タイピングは決して難しいものではありません。

頭で考えるより体(指先)に覚えてもらうといった感じです。

少しずつでも練習してみてください。

それほど時間がかからず慣れてくると思います。

タイピング練習に入る前に、以下のことを頭の片隅に置いておいてください。

  • 各指には打つべきキーが決まっている。
  • 各指はホームポジションに置く。
  • ホームポジションから外れても直ぐホームポジションに戻る。
  • 「F」、「J」キーには手元を見なくてもホームポジションに戻れるように突起(ポッチ)が付いている。
  • 主要な「かな文字」は子音と母音(A,I,U,E,O)の組み合わせで入力する。

後は、練習あるのみ!慣れれば指が勝手に動くようになってしまいます。

ホームポジションだけは忘れずに、まずは基本となる「あいうえお」から始めましょう。

「あいうえお」のタイピングへ
お問い合わせ