文字の連結(文字の足し算)| SYMMOBI

プログラミング学習やタイピング練習に役立つツールを公開しているサイトです。

文字の連結(文字の足し算)

2022.03.312022.04.05

文字の連結(文字の足し算)は、よく使われるテクニックなので先に見ておきましょう。

※これから後のサンプルプログラムによく使っています。

目次

1. 文字の連結(文字の足し算)

2つの別々の文字の間に「+(プラス)」記号を使うと、別々だった文字を1つの文字としてつなげる(連結する)ことができます。

下の例を見てみましょう。

print("山田"+"太郎")

結果は、「山田太郎」となります。

元々、「山田」と「太郎」は別々の文字でしたが、「+」記号によって「山田」に「太郎」が足されて「山田太郎」となりました。

ある文字に、別の文字をつなげたい(連結)ときに便利なテクニックです。

例えば、あとで登場する変数を使った場合、変数に保存されいる文字と別の文字を連結させることができます。

// 変数「hobby」には「野球」が保存されている
let hobby = "野球"
// 変数に別の文字を連結して表示している
print( "私の趣味は、" + hobby + "です" )

結果は、「私の趣味は、野球です」になります。

※プログラミング言語によっては連結方法が異なります。

2. 試してみよう

次の3つの言葉を「+」記号を使って1行で表示してみてください。

私は、
プログラミングを
勉強し始めました!

2-1. 答え例

print( "私は、" + "プログラミングを" + "勉強し始めました!" )

3. まとめ

文字と文字の連結を体験しました。

文字の連結には、「+(プラス)」記号を使います。


次は、「値(あたい)」についてです。
TOP