値(あたい)| SYMMOBI

プログラミング学習やタイピング練習に役立つツールを公開しているサイトです。

値(あたい)

2022.03.312022.04.05

プログラムで取り扱う半角数字や、文字などのこと「値(あたい)」といいます。

値は、半角数字なら「数値」、文字なら「文字列値(文字列)」など呼びます。

下で、値について見ていきましょう。

目次

1. 値

1-1. 数値

123
0
-123
0.1

といったこれまで言っていた「半角数字」のことです。

計算に使用する「数値」はクオートで囲んではいけません。

クオートで囲むと「数値」ではなく「文字列値」になってしまいます。

"123"
"0"
"-123"
"0.1"

これらは、数値ではなく文字列値!

例えば「+」記号で数値の計算をしたい場合、

//数値の計算
print(1+2)

は、期待通りの「3」と表示されますが、

//文字の連結になってしまう!
print("1"+"2")

は、文字「1」と文字「2」の文字連結として実行されて結果は文字としての「12」となります。

//文字として扱われてしまう!
print("1+2")

は、単に「1+2」という文字として扱われて「1+2」がそのまま表示されます。

1-2. 文字列

"おはよう"
"こんにちは"
"こんばんは"
"123"
"0.1"

といったクオートで囲まれた文字のことをいいます。

「123」のような数値であってもクオートで囲まれると文字列値になります。

これからは先は、数値(半角数字)や文字列(文字)といった言葉を使っていきます。

2. これらは数値?それとも文字列?

234

"345"

"\n"

-123

"休日"

2-1. 答え

234は、数値です。

"345"は、文字列です。

"\n"は、文字列です。

-123は、数値です。

"休日"は、文字列です。

3. まとめ

プログラムで取り扱う半角数字や、文字などのこと「値(あたい)」といいます。

半角数字なら「数値」

文字なら「文字列値(文字列)」

といいます。

「数値」であってもクオート("で囲む)すると「文字列値」として扱われます。


次は、「変数(へんすう)」についてです。


TOP